★新型コロナの影響に対し「特別枠」創設へ

★新型コロナの影響に対し「特別枠」創設へ
昨日4月7日に令和2年度補正予算が閣議決定されました。
その中で、「ものづくり補助金」「IT導入補助金」等については、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者向けに、補助率または補助上限を引き上げた「特別枠」を設けるとのことです。

以下の情報が入りましたので

情報共有します。

★新型コロナの影響に対し「特別枠」創設へ


 昨日4月7日に令和2年度補正予算が閣議決定されました。
 その中で、「ものづくり補助金」「IT導入補助金」等については、
 新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな
 投資を行う事業者向けに、補助率または補助上限を引き上げた
 「特別枠」を設けるとのことです。

 
 ・ものづくり補助金
   補助上限:1,000万円のまま
   補助率 :1/2から2/3に引き上げ
   (例:対象経費2000万円に対し最大1000万円補助が
      対象経費1500万円に対し最大1000万円補助に変更)


 ・IT導入補助金
   補助額:30万円~450万円のまま
   補助率:1/2から2/3に引き上げ
   (例:対象経費300万円に対し最大150万円補助が
      対象経費225万円に対し最大150万円補助に変更)


 ・持続化補助金
   補助上限:50万円から100万円に引き上げ
   補助率 :2/3のまま

 <申請要件>


 補助対象経費の1/6以上が、以下の要件に合致する投資であること。


 A.サプライチェーンへの毀損への対応
   顧客への製品供給を継続するために、必要な設備投資や
   製品開発を行うこと
 (例:部品調達困難による部品内製化、
    出荷先営業停止に伴う新規顧客開拓)


 B.非対面型ビジネスモデルへの転換
   非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ
   転換するための設備・システム投資を行うこと
 (例:店舗販売からEC販売へのシフト、
    VR/オンラインによるサービス提供)


 C.テレワーク環境の整備
   従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること
 (例:WEB会議システム、
    PC等を含むシンクライアントシステムの導入)


 なお、IT導入補助金については、
  中小企業等が感染症の影響を乗り越えるための、
  ハードウェア(PC,タブレット端末等)のレンタル等を含めた
  ITツール導入を支援します
 と初めてハードウェアに関する記述がありました。


 具体的な内容は、4月の国会審議の後に公表されると思われますが、
 通常枠の締切(IT導入補助金では令和2年(2020年)6月、9月、12月)と
 合わせて実施されるとのことです

関連する情報

カテゴリー:ブログ

タグ:

担当者

開発者

LET's GET SOCIAL