会社概要
サービス
特徴
システム
デザイン
制作例
デザイン支援
お客様の声
ブログ
他社紹介
採用情報
お問い合わせ
プライバシーポリシー
個人情報保護方針
品質方針
録音録画の取扱いについて
情報セキュリティ基本方針
ログイン

【IT導入補助金2024】ECサイト制作は補助対象外?その概要や手続きの流れを徹底解説

いまや様々な業種の必須アイテムとなっているITツールを導入する際に利用できるIT導入補助金。2024年度は2月中旬から申請受付が始まる予定ですが、前年度までの制度から変更されている点があります。 今回の記事ではIT導入補 […]

いまや様々な業種の必須アイテムとなっているITツールを導入する際に利用できるIT導入補助金。
2024年度は2月中旬から申請受付が始まる予定ですが、
前年度までの制度から変更されている点があります。

今回の記事ではIT導入補助金2024の概要を解説し、申請スケジュール等についても紹介するので参考にしてください。

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは、中小企業や個人事業主が労働生産性の向上を目的にITツールを導入することを支援する補助金です。
2017年からスタートした制度ですが、IT導入補助金2023後期事務局によると2024年も2月中旬頃から申請受付が開始されます。

IT導入補助金2024の前年度からの変更点

IT導入補助金2024には前年度までの制度から主に3つの変更があります。
それぞれ解説していきましょう。

変更点①採用枠の新設

従来の「デジタル化基盤導入枠」がなくなり、
「インボイス枠(インボイス対応類型・電子取引類型)」と「複数社連携IT導入枠」が新設されます。
「インボイス枠」の補助金はインボイス対応のツールに特化したものです。
「複数社連携IT導入枠」ではインボイス対応ソフト導入費に加え、
消費動向等分析経費や事務費や専門家への依頼費が対象となります。
なお、通常枠及びセキュリティ対策推進枠に関しては従来からの変更点はありません。

変更点②大企業等も申請できる補助金が設定される

従来のIT導入補助金の対象事業者は次のような中小企業及びIT導入補助金の対象者は、
下記の「中小企業」および個人事業主を含む「小規模事業者」でした。

【中小企業】

 資本金従業員数
製造業、建設業、運輸業、ソフトウエア業又は情報処理サービス業3億以下300人以下
卸売業1億円以下100人以下
サービス業(ソフトウエア業、情報処理サービス業、旅館業を除く)5,000万円以下100人以下
小売業5,000万円以下50人以下
旅館業5,000万円以下200人以下
その他の業種(上記以外)3億円300人以下
経済産業省中小企業庁公式サイト参照

【小規模事業者】

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他常時使用する従業員の数 20人以下
経済産業省中小企業庁公式サイト参照

IT導入補助金2024では新設される「インボイス枠」の「電子取引類型」に限定されますが、
大企業も申請ができるように変更されています。

変更点③「インボイス枠(インボイス対応類型)では小規模事業者の補助率が上がる

IT導入補助金2024で新設される「インボイス枠」の「インボイス対応類型」では、
インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフト導入費が50万円以下の場合、
中小企業は費用の「3/4」が補助されますが、小規模事業者はその補助率が「4/5」に引き上げられます。

なお導入費が50万円~350万円の場合は中小企業・小規模事業者ともに補助率は「2/3」です。

また、本年度の施策では対象であるECサイト制作が補助対象外になります。
IT導入補助金を活用したECサイト制作をご検討中の方は、
1/29(金)最終締切のIT導入補助金2023の申請準備をお急ぎください。

すまいる顔では、IT導入補助金を活用したECサイト制作を承っております。
今なら、補助金申請サポートも実施しておりますので、
ご興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください!

無料相談はこちら

IT導入補助金2024の支援枠とその詳細

IT導入補助金2024の支援枠ごとの対象事業者・補助額・補助率・補助対象経費は次の通りです。

対象事業者補助額補助率補助対象経費
通常枠A類型中小企業 小規模事業者5万円~150万円未満1/2ソフトウェア 購入費、 クラウド利用料 (最大2年分)、 導入関連費
B類型150万円~450万円以下
インボイス枠電子取引類型大企業インボイス制度に対応した受発注ソフト~350万円1/2クラウド利用料 (最大2年分)
中小企業 小規模事業者2/3
インボイス対応類型中小企業 小規模事業者インボイス制度に 対応した会計・受 発注・決済ソフト50万円以下中小企業 3/4 小規模事業者 4/5ソフトウェア購入費、クラウド利用料(最大2年分)、 導入関連費、 ハードウェア購入費
50万円超~350万円2/3
PCタブレット等~10万円1/2
レジ・券売機等~20万円
複数社連携IT導入枠中小企業 小規模事業者①インボイス枠インボイス対応 類型の対象経費 ②消費動向等分析経費(上記①以外の経費) 50万円×参画事業者数 補助上限 ①+②で3,000万円 ③事務費・専門家費 補助上限:200万円インボイス枠・ インボイス対応類型と同様 ②・③ 2/3ソフトウェア購入費、クラウド利用料(最大2年分)、 導入関連費、 ハードウェア購入費
セキュリティ対策推進枠中小企業 小規模事業者5万円~100蔓延1/2サイバーセキュリ ティサービス利 用料(最大 2年分)
経済産業省中小企業庁公式サイトより引用

IT導入補助金2024の手続きの流れ

IT導入補助金2024の申請から導入、事業実施後の報告までの流れを紹介します。
大まかな流れとしては
事前準備→申請→採択→ITツール導入など事業実施→補助金交付手続き→事業実績報告提出です。

採択決定前のITツールの発注・契約・支払い等は補助金の対象外になるので注意しましょう。
採用枠によって手続きの方法が異なる場合もあるので、
公募要領は細部までしっかり確認してください。

IT導入補助金2024の申請には事前準備が重要

IT導入補助金は申請時にIT導入支援事業者の選定が必要になるなど、準備に時間や手間がかかります。
準備不足で申請締め切りに間に合わなかったというような事態を避けるためにも、
申請スケジュールを確認しながら事前準備に取りかかりましょう。

事前準備①公募要領等の確認

IT導入補助金2023後期事務局の公式サイトやIT導入補助金に関する交付規程・公募要領を読み、補助事業について理解を深めましょう。
申請準備に取りかかる前に、IT導入補助金制度の目的や内容を理解し、自身が補助対象者であるのか、補助金の活用を計画している事業が補助対象となるのかを確認する必要があります。

事前準備②「gBizIDプライム」アカウントの取得

IT導入補助金を申請するためには、法人・個人事業主向け共通認証システム「gBizIDプライム」アカウントの取得が必須です。
デジタル庁のサイトでアカウントを作成しましょう。
個人事業主の方はオンライン申請をすれば、即時発行されます。

事前準備③「SECURITY ACTION」の「一つ星」または「 二つ星」の宣言

IT導入補助金を申請するためには「SECURITY ACTION」の「★ 一つ星」または「★★ 二つ星」の宣
言が必要となります。
「SECURITY ACTION」とは独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する制度で、中小企業・小規模事業者が情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言するものです。
IT導入補助金申請作成時に宣言済アカウントIDの入力が求められます。
自己宣言の方法は独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の公式サイトを参照してください。

事前準備④「みらデジ経営チェック」の実施

自社の業務に導入するITツールを選択する前に中小企業庁の「みらデジ経営チェック」を実施しましょう。
「みらデジ経営チェック」は自社のデジタル化の取り組みの状況や経営課題を客観的に把握するためのツールです。チェック結果に基づき、
自社の業務に必要な支援施策やおすすめのITツールなどのアドバイスを受けることができます。

事前準備⑤「IT導入支援事業者」及び導入するITツールの選択

IT導入支援事業者は生産性の向上を目的にITツールの導入を図る中小企業や小規模事業者をサポートする役目をもっています。IT導入補助金の申請にはIT導入支援事業者のサポートが必須です。
IT導入支援事業者のサポートを受けながらITツールを選択しましょう。
IT導入支援事業者は補助金の交付申請や実績報告手続きも支援します。

IT導入補助金2024のスケジュール

2023年12月現在、「2024年2月中旬に申請受付が開始」という情報以外、
2024年度の「IT導入補助金」の具体的なスケジュールは発表されていません。
2023年の最終回である10次申請の採択結果の発表が2024年3月8日なので、
2024年の1次申請の締め切りはそれ以降になります。

前年度までの実績を参照すると、「IT導入補助金2024」は10回程度実施されることが予想されます。
申請締切日から採択発表日までは1か月間、1度申請が締切られた日からその次の回の締切日までは1~2か月間かかるようです。
IT導入補助金事務局から今後発表されるスケジュールをこまめにチェックしながら、
自社の事業スケジュールにあった申請時期を検討し、準備を行いましょう。

まとめ

IT導入補助金2024の概要や手続きの流れについて紹介しました。
IT導入補助金2024での変更に関する大きなキーワードは「インボイス対応」です。
2023年秋から施行されたインボス制度によって業務に支障が出る、生産性が落ちたという中小企業や小規模事業者は少なくありません。
IT導入補助金2024ではインボイス制度に対応した受発注ソフトの導入に限ってはありますが、
中小企業や小規模事業者だけでなく大企業も補助金を申請できる採用枠を新設しています。
IT導入補助金2024を活用して自社の業務をインボイスに対応させ、業務の効率化を図りましょう。

IT導入補助金の申請には準備に時間や手間がかかり、
補助金を申請したいと思ってもすぐに申請できるわけではありません。
2023年12月現在、「IT導入補助金2024」の詳細スケジュールは発表されていないので、
IT導入補助金事務局のサイトでこれから発表されていく情報を見逃ないように注意が必要です。

また、ECサイト制作をご検討中の方は、
1/29(金)最終締切のIT導入補助金2023の申請をお急ぎください!
IT導入補助金を活用したECサイト制作についてのご相談は、
下記よりお気軽にご相談ください♪

無料相談はこちら

関連する情報

担当者

ゲスト

LET's GET SOCIAL