【CRMシステム】開発費用はどのくらい?開発手法・導入事例も気になる!

【CRMシステム】開発費用はどのくらい?開発手法・導入事例も気になる!

営業活動などで得た膨大な量の顧客情報を管理するためには、CRM(Customer Relationship Management)システムを活用するのがいいでしょう。

昨今では、特定の業種に特化し開発がされたCRMシステムが多いです。このようなシステムをうまく活用すれば、マイナーな業界でも効率的に営業成果を上げることが可能になります。

一方でCRMシステムを導入する際には、そのメリットやコストなどに関する理解を深めておくことも不可欠です。株式会社すまいる顔は、ウォーターサーバーや建設現場で使用する小型のレンタル設備などを取り扱う業務に特化したCRMシステムを開発しています。

こちらでは、CRMシステムの機能やメリット、コストなどの各点について解説していきます。CRMシステムの開発・導入をご検討中の企業様におすすめの内容ですので、どうぞ最後までご一読ください。

開発手法次第で異なるCRMシステムの機能と導入コストとは?

CRMシステム開発時に必要な機能をチェック

CRMシステムの導入に際しては、開発手法次第で大きな違いが生じる「機能」と「導入コスト」について、理解を深めておくことが大切です。

CRMシステムの機能

CRMシステムには、多種多様な機能があります。自社で取り扱う商品の特徴に合う機能が備わっているものを導入すると、より大きなメリットが得られるようになるでしょう。

したがって、その導入に際しては機能の詳細をよく確認することが重要です。

CRMシステムの導入で発生するコスト

CRMシステムの導入に際しては、その開発手法によっても違いが生じる導入コストを比較することも重要となります。導入にかかるコストの詳細は、システムの種類によって様々です。

しかし、クラウド型のものであれば利用料だけしかかからないことも多く、初期費用を大幅に削減することができます。

CRMシステムは開発手法などで変化する運用コストやほかのシステムとの連携機能を要チェック!

CRMシステムは開発手法によって運用コストが変わるので注意!

CRMシステムを導入する際には、開発手法によって変化する運用コストやほかのシステムとの連携機能の有無を確認することが必要です。

CRMシステムは運用コストにも注意!

CRMシステムを業務で活用すると、運用コストが発生します。

例えば、利用料のみで使用できるクラウド型システムの場合、運用コストを節約することは十分に可能です。

しかしサーバーを自社で用意しなければならない場合、運用費やエンジニアの人件費が発生することを計算に入れておかなければなりません。

ほかのシステムとの連携

業務ではCRMシステム以外のシステムを並行して使用することもあるでしょう。例えば、CRMシステムで情報を管理していた顧客向けに請求書を発行することがあります。この作業は、他社開発の請求書発行システムを活用して行うというケースも珍しくありません。

このことから、CRMシステムの導入に際してはほかのシステムとの連携機能の有無を確認し、可能であれば実際に連携させたときの使用感なども確かめておくことがおすすめです。

CRMシステムの導入時には開発手法などで変化するサポート体制を確認!

CRMシステムでは、機能の追加などによって使い勝手に変化が生じてしまうこともあります。このような変化は、業務に悪影響を与えてしまうこともあるでしょう。

そのため導入時には、開発手法などが影響を与えることもあるサポート体制の有無を確認しておくことをおすすめします。

一方CRMシステムのサポートサービスには、専任の担当者が付くものやサポート費用が別途かかるものなどもあることから、利用条件を確認しておくことも大切です。

また、詳細な使い勝手に関しては、実際の導入事例などを参考にしてみるのも良いでしょう。

メリットが豊富なCRMシステムの開発を依頼するなら様々な事例がある株式会社すまいる顔へ

CRMシステムには、広義の顧客管理を行えるというメリットがあります。その導入に際しては機能の詳細やほかのシステムとの連携機能の有無、サポート体制の詳細などをよく比較すると良いでしょう。

CRMシステムを導入すると、導入コストと運用コストの2種類のコストが発生します。そのため、導入するシステムを選ぶ際にはどれくらいのコストがかかるのかをシミュレーションしておくことが大切です。

CRMシステムの開発を依頼しようとお考えの方は、株式会社すまいる顔にお任せください。様々な開発事例があり、シンプルなシステム設計で使い勝手の良いCRMを構築いたします。

これまでに手掛けてきたシステム開発事例は、サイト内でもご紹介しています。CRMシステム開発依頼をご検討中の方は、以下のリンクよりぜひご参考ください。多くの企業様からのご依頼、お待ちしています。

業務管理システムの導入をお考えの方へ

中小企業向けの一元管理システムを導入することで効率化が実現 実績豊富な会社に開発依頼を

一元管理システムを導入して効率化が実現 中小企業向けの一元管理システムを導入することで効率化が実現 実績豊富な会社に開発依頼を

中小企業向けの一元管理システムを導入する際の準備 開発費用の質問はお気軽に

一元管理システムを導入する際の準備 中小企業向けの一元管理システムを導入する際の準備 開発費用の質問はお気軽に

CRMシステム開発会社が導入のポイントを解説!依頼する時は費用や評判も比較しよう

CRMシステム開発会社が導入のポイントを解説! CRMシステム開発会社が導入のポイントを解説!依頼する時は費用や評判も比較しよう

CRMシステム開発のメリットとは?導入事例が豊富な株式会社すまいる顔

CRMシステム開発のメリットとは? CRMシステム開発のメリットとは?導入事例が豊富な株式会社すまいる顔

FileMakerで案件管理!セキュリティ・カスタマイズ・システム開発が強み

FileMakerで案件管理! FileMakerで案件管理!セキュリティ・カスタマイズ・システム開発が強み

案件管理でFileMakerを活用!使いやすい・費用の安さが特徴

案件管理でFileMakerを活用! 案件管理でFileMakerを活用!使いやすい・費用の安さが特徴

中小企業向けアプリ開発や業務管理システムを導入するメリット クラウド型データベース構築が可能

業務管理システムを導入するメリット 中小企業向けアプリ開発や業務管理システムを導入するメリット クラウド型データベース構築が可能

業務管理システムは中小企業向けアプリ開発を行う会社に依頼を 納期管理も簡単

業務管理システムはアプリ開発会社に依頼を 業務管理システムは中小企業向けアプリ開発を行う会社に依頼を 納期管理も簡単

業務用アプリ開発で発注管理システムを導入・運用する前!アウトソーシングのメリット 機能を比較しよう

業務用アプリ開発をアウトソーシングするメリット 業務用アプリ開発で発注管理システムを導入・運用する前!アウトソーシングのメリット 機能を比較しよう

発注管理システムの業務用アプリ開発なら見積もりを!パッケージ導入までサポート 中小企業がIT活用できていない理由

中小企業がIT活用できていない理由 発注管理システムの業務用アプリ開発なら見積もりを!パッケージ導入までサポート 中小企業がIT活用できていない理由

CRMシステムの開発の依頼をするなら事例が豊富な株式会社すまいる顔へ

会社名
株式会社すまいる顔
代表取締役
枚栂木 崇史
設立
2017年1月
業種・業態
業務用アプリの企画・開発
取引先銀行
三井住友銀行 紀陽銀行 楽天銀行
資本金
300万円
住所【本社】
〒589-0005 大阪府大阪狭山市狭山5丁目2258−3−101
電話
072-284-8190
携帯
090-4490-5855
住所【支社】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23−17−408
電話
03-6403-7591
ホームページURL
https://smilekao.com/