お気軽にお問い合わせください

090-4490-5855

9:00〜17:00(土・日・祝祭日を除く)

  
 
         

システム開発の要点 ~関係を創る

         

ここで言う、関係とは
全く離れているモノ同士の関係を見つける事です。
また、複雑に絡み合っているモノを単純化する事です。

全く離れているモノ同士の関係と言っても
ビールと紙おむつの関係の様なものではありません。

ビール売り場の近くに紙おむつを置けば
育児するパパが紙おむつを買う傾向にあるというだけで、相関と言われるものです。

関係は、無関係にあるモノ同士が
完全に一致している事を言います。

または、無関係にあったモノ同士一致させて
特定の目的に向かう仕組みを作る事です。

生産管理と人事を考えてみましょう。

それぞれは別のもので
責任者や担当者も違います。

生産管理の切り口といえば、QCDです。
つまり、品質、コスト、納期です。

人事の切り口は、
適性評価、報酬、教育です。

ここで、
3つの関係づけを行う事が出来ます。

①生産管理でのQCDの改善率と
 人事評価を関連付けて連動させる。

 いくら改善すれば、どの程度評価し
 いくら報酬が変わり
 次の課題の為の教育を自動で決めて行く事が出来ます。

しかし、
人事は半年や1年に1回しか行われません。

人事を生産管理に活かせないのか?
という意見が出てきます。

②日々、QCDを見える化して
 生産性を高める。
 
 日々、評価の具合がわかりますので
 意欲が高められて生産性が上がります。

③見える化された生産管理情報を
 営業活動に活かす

 見える化出来るなら営業に活かせると
 考える様になります。

 欠品があらば、顧客に事前に伝えられるし
 過剰在庫があればキャンペーンを打つことも出来ます。

大事な事は、
①関係は、順番に発現すること
②QCDなどの視点を持つこと
③「すぐに作れる」こと
 つまり、超高速開発が必要なこと

です^_^

ありがとうございます^_^