ガントチャート説明動画(FileMakerと連動できます!)〜生産管理や工程管理に使えます!

当社の独自ソフトである、「すまいるエイト」に搭載している
FileMakerと連動させてガントチャート説明動画です。
Web画面の描画箇所をドラッグすると
自動的にFileMakerの値を変更させる事ができます。

詳しい説明はこちらの専用サイトからどうぞ


当社の独自ソフトである、
「すまいるエイト」に搭載している
FileMakerと連動できるガントチャート説明動画です。
https://smilekao.com/smile8


Web画面の描画箇所をドラッグすると
自動的にFileMakerの値を変更させる事ができます。

ご希望があれば、

動画に使いました、PDFの資料や、

デモファイルをお渡ししますので、

以下まで、お問い合わせください。

お問い合わせ

受注受付入力

TOP
受注受付入力

1 押下で、2が点灯

3 は、見本で対した設定はしていません。

 受注情報が入る前提で、商品名や関連する

 写真が動画を管理できるように設定しています。

4 が、ガントチャートに関する設定です。

 工程を順番に登録できるようにしています。

 この画面が、小さくて設定しづらい、

 工程だけを専門に入力したい場合は、

5 を押下して、工程詳細設定に遷移します。

3 自体を、製造指示書と見立てて、

  製造指示書を印刷する事ができます。

7 押下で、製造指示書リストに遷移し、

   製造指示書毎の進捗を管理する事ができます。

8 押下で、工程一覧に遷移します。

工程詳細設定

工程詳細設定

1 工程情報を登録できます。

2 押下で、工程一覧に遷移します。
 この画面でガントチャートの設定ができます。

3 押下で、製造指示書リストに遷移し、

   製造指示書毎の進捗を管理する事ができます。

製造指示書リスト

この画面でガントチャートの設定ができます。

製造指示書リスト

この例では、

1 製造指示書毎に、
 製造段階の進捗や、
2 完了状況を、日付で管理する事ができます。

こうした、各種管理項目は自由に設定変更、設定追加が可能です。

製造指示書

製造指示書

訂正は、自由に変更可能です。

QRコードを配置し、QRコードで進捗を管理できます。

工程一覧

全ての受注情報を見渡した、

工程の一覧を確認できます。

1 は、各ラベル毎にソートができますので、

 「製造指示番号」「工程名」「顧客名」

 「製品名」「担当者」「開始日」「納期」

 毎に、整頓してリスト表示が可能です。

 上の図は、「工程名」毎に整理をしています。

2 押下で、

 ガントチャートがブラウザーに表示されます。

3  右スクロールで、ガント制御が表示されて、

  ガントの設定情報が入っています。

  FileMakerの初級程度の知識をお持ちの方なら

  自由にガントチャートの表示や動作を制御できます。

ガント制御

ガント制御1
ガント制御2

1 この項目でガントチャート が制御されます。

・ガント表示:「1」で表示 値がないと非表示

・ガント色NO:
ガントの色を指定します。4の色を設定します。
「完了」で「1」が自動で入ります。

  2で工程毎に色を事前に設定しておきます。
  3の値が入ります。

・ガント文字色NO:
ガント文字の色を指定できます。
5の色を設定します。

 色の背景が黒の時は、自動で文字は白になります。

・工程名色NO:
工程名の色を指定します。
6の色を設定します。先頭行の値が優先されます。

  2で工程毎に色を事前に設定しておきます。
3の値が入ります。
色指定がない場合は、灰色になります。

 顧客色NO、商品名色NO、担当者色NO も同様の設定です。

・ラベル文字色NO:
各種のラベル文字の色を指定する事ができます。
指定がない時は白になります。

 7の色を設定します。

・ガント文字:
5の中の文字を設定しています。
計算式で自由に設定できます。

・親:工程の従属関係を設定できます。

・予定終了:
開始日から予定終了日まで透過色になります。
8のようになります。

※色NOは、「1:黒 2:赤 3:緑 4:青 5:黄 6:紫」。

工程の従属関係

工程の従属関係
工程の従属関係2

1 工程毎に、「親」工程を設定できます。

   これは、「親」にしたい、工程NOを設定します。

   これにより、2 のように従属関係がある工程間を線で結ぶ事ができます。

今回の例では、

 工程NO 14、15 の親工程が13のため、

 工程NO13から、工程NO14、15に線が描画されています。

また、

  工程NO29が、工程NO23、25 の親工程のために、

  工程NO29から、工程NO23、25に線が描画されています。

2 ガントチャートは、Web上で、伸縮することや、移動が可能です。

 その際、自動でFileMakerの値を更新させる事ができます。

ガントチャート

ガントチャート1
ガントチャート2
ガントチャート3
ガントチャート4
ガントチャート5
ガントチャート6

1、2、3、4 、5 は、それぞれ、工程、顧客、商品、担当、製造指示書 毎に、グループ化されて表示させる事ができます。

6 は、1日の進捗管理で、製造指示書毎に表示されます。詳しくは、1日の製造指示書をご覧ください。

1日のガントチャート

1日のガントチャート1
1日のガントチャート2
1日のガントチャート3

1のように、進捗が、1日の場合に使う画面です。

2 押下で、当該の日が現れ、任意の日を押下すると3げ点灯します

4 1個あたりの生産秒数を登録しておくと、それに応じて、

開始と、終了時間が計算されて、5の様に描画されます。

これは、個数から秒単位で開始時間を計算して描画する方法から

単純に工程毎の開始時間と終了時間を記載する方法も

検討中です。

お問い合わせ

関連する情報

担当者

枚栂木崇史

LET's GET SOCIAL