大型衣類小売店の事例

FileMakerを使った事例をご紹介します。DXを進めるためには、具体的な事例からヒントを得た方が、業務改善および、ITを使った業務の効率化・合理的な経営を行いやすいと思います。そこで今回紹介するのは大型衣類小売店の事例です。ぜひ参考にして業務改善へのヒントとして役立ててください。

FileMakerを使った事例をご紹介します。

DX( デジタルトランスフォーメーション )が叫ばれている中で、具体的な事例がある方が
・企業としてDXしやすい
・業務改善しやすい
・ITを使った業務の効率化・合理的な経営を行いやすい
と考え、 FileMakerを使った事例をシリーズ化して紹介していきたいと思います 。

  DX(Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション)とは、
  進化したIT技術を浸透させることで、
  人々の生活をより良いものへと変革させるという概念のことです。
  DXと聞くと難しそうに感じますが、
  IT技術の進化によって作られたシステムに着目してみると、
  私たちの生活にある身近なものが変化していることが分かります。
  例えば、銀行口座の開設から取引までオンライン上で行えるインターネットバンキングや、
  映画や新幹線などのチケット購入をオンライン上で完結できるシステムなどもDXの好例です。

またFileMakerの事例と言えば、クラリス社のYouTubeで公開されています。

また今回当社がブログで紹介する動画は、まだクラリス社によって文章化されていません。

しかし文章化したほうが分かりやすく、
業務改善およびITを使った業務の効率化・合理的な経営を行うためのヒントになると考え、
当社でブログにしていきます

今回はその第8段として、ベネトンメガストアでの事例をご紹介します。

今回のケース

華やか、カラフル、モダン ― ベネトンを表現しようとして心に浮かぶのは、こうした形容詞です。

一方でデータ管理に話が移ると、退屈、殺風景、時代遅れといった言葉が並びがちです。

でも ベネトンメガストア では違います。

流行を生み出すリテラーとして、
データベースへのアクセスがどれほど格好いいものになるかを、世界に示しています。

会社にピッタリの iPad 用 FileMaker ソリューションを備えたベネトンメガストア・ウィーンは、
現代のデータ管理が POS を使って販売促進できることを実証しています。

4000平方メートルのフロアスペースを持つこの基幹店は、
世界最大級のベネトン直販店です。

私たちは2018年にビジネスを強力にサポートしてくれるソフトウエアとハードウエア、
特にPOSに役立つものを探し始めました。

たくさんの調査を重ねた結果、
FileMakerと iPadというまさに望みの物を見つけることができました。

私は、iPadやiPhoneに直接データを入力できるモバイルソリューションを探していました。

iPad用に独自のプログラムを作成することも考えましたが
iPad用にあつらえたプログラムを作成するコストは、FileMaker GoとFileMakerを利用するよりはるかに高価でした。

そこで私は、どんなアプリケーションが必要かを示す図を作成しました。

それからジンメル&パートナーのジンメル氏を見つけました。

すると4日目にはすべてが整い、私たちはそれ以来ずっとそのプログラムを使っています。

ベネトンカラーからはEmailで連絡が入りました。

グロック氏が求めていたのは、在庫管理を簡略化するソリューションで、
製品の写真を簡単にアップロードできるものが必要でした。

グロック氏はスペックに対して、明確なアイディアを持ち
何をしたいかを話してくれました。

私はこれがとても素晴らしい仕事だと気づきました。

iPadとFileMaker Goの利点を活用できるからです。

クリアしなければならない課題は2つでした。

①データをどうやって保管するか
②製品の写真を撮り、それをバーコードスキャナーでどう色別するか

そこで考えたのは、私が製品のところに行って各商品のバーコードをスキャンして写真を撮る方法です。

それで終わりです。

それからは写真を中央のシステムにアップロードするだけで済みました。

iPadは全部で5台あります。

1台はストックルームにおいて、商品の写真と色を取り込むのに使っています。

残りはすべて販売フロアにあり、社員への情報提供に使っています。

ストックルームでは、商品のバーコードをスキャンしてiPadに読み込み
写真を撮り、それをアップロードする機能を利用しています。

この写真は他のスタッフのシステムに自動的に送られます。

また、FileMaker Goを入れたiPadを顧客情報システムとしても利用しています。

店の在庫を調べ、品番が到着した日や、販売数を確認することができます。

私たちにとって最大の利点は、このベネトンの大型店舗にいる販売チームが
豊富な情報を利用できることです。

しかも情報は正確で、簡単に更新でき、顧客サービスのために有効に活用できます。

販売チームがすべての手順に慣れるのに、2日あれば十分でした。

120人のセールスフォースにトレーニングを実施しました。

見ればわかるので、どの社員にも手渡すことができます。

社員は、FileMakerとそこに表示されている製品とデータをすぐに理解してくれます。

FileMakerとiPadを利用したので、すべてがとても短時間で終わりました。

このシステムではiPadがスマートフォンとラップトップの良さを兼ね備えた
素晴らしいハイブリットソリューションになっています。

ベネトンチームの全員にとって、この使いやすいさは他に比べるものがありません。

業務改善や、ITを使った業務の効率化・合理的な経営を書投げている方は、当社にお問合せ下さい。

お問い合わせ

関連する情報

カテゴリー:Filemakerブログ

タグ: DX

担当者

SNS担当者

LET's GET SOCIAL