コロナ問題について考える

以前、
経営の勉強をしていた時に
インターナルマーケティング、と言う事を習いました。
社員満足が高いと、接客品質が高まり
顧客満足を高め、売上も上がると言うものです。

以前、
経営の勉強をしていた時に
インターナルマーケティング、と言う事を習いました。

社員満足が高いと、接客品質が高まり
顧客満足を高め、売上も上がると言うものです。

私が参加させて頂いている
中小企業家同友会では、
「人を生かす経営」を標榜していて
インターナルマーケティングを実践する経営者団体と言えます。

その意味で、
今のコロナ問題は、
経営者にとって、
これまでの実践の結果が
試される時ではないでしょうか?

同友会の先輩経営者が
「困った時は、社員が助けてくれます」
と言われていたのを思い出します。

しかし、
これまでの実践に自信がない場合は
どうすればいいでしょうか?

その時は、
社員がお子さんの事など
困ってる事なども十分に聴き
その上で
素直に、
社員と相談する事から始めるしかないと思いますが
いかがでしょうか?

コロナ問題が、
社員と結束出来る
良い機会になるかもしれなせんね。

関連する情報

担当者

枚栂木崇史

LET's GET SOCIAL