お知らせカテゴリー記事の一覧です

OSAKA沸かそう2021 プロモーション動画

お知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

この度、OSAKA沸かそう2021の参加に当たり、
プロモーション動画を作成していただきましたので、
ここに公開いたします。

イベント詳細は下記の通りです。

▷開催日時:2021年7月17日(土)10:00~18:00

▷場所:大阪産業創造館 3F,4F

▷申し込み:①電話:06-6944-1251
      ②FAX:06-6941-8352
      ③サイト:https://osaka.doyu.jp/

ご不明点がある場合は、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ

夏季休業のお知らせ

お知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

休業期間:2021年8月9日(月) ~ 2021年8月13日(金)

※休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答いたします。

大阪沸かそう2021のお知らせ

お知らせ

当社も在籍する大阪中小企業家同好会の展示会のお知らせです。

 

コロナ禍でも頑張っている魅力のある企業50社が集結します。

また同時開催のフォーラムは、
「子供が、若者が、夢を語れる地域を作る」というテーマで開催します。

 

お申し込み締め切りは7月14日まで
電話、FAX、同好会サイトのいずれかから事前申し込みをお願いします。

 

▷開催日時:2021年7月17日(土)10:00~18:00

▷場所:大阪産業創造館 3F,4F

▷申し込み:①電話:06-6944-1251
      ②FAX:06-6941-8352
      ③サイト:https://osaka.doyu.jp/

 

お問い合わせ

IT導入補助金2021のIT導入支援事業者に採択されました

お知らせ, 補助金

株式会社すまいる顔は、
2021年4月15日 付けで 経済産業省の実施する「IT導入補助金2021」 の「IT導入支援事業者」に認定されましたことをお知らせいたします。

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、
企業は在宅勤務をはじめとするテレワーク体制を
急速に整備する必要が求められています。

当社では自社開発の経営管理システムを お客様向けに設定して、短納期でシステム導入が可能です 。

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、
中小企業・小規模事業者等のみなさまが
自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、
把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

IT 導入補助金申込のご案内

・補助金対象者 : 日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業・小規模事業者等
・概要 : 費用の1/2、最大450万円を補助
・公募要領など詳しくはこちら:  https://www.it-hojo.jp/first-one/

IT導入支援事業者とは

中小企業者様の生産性向上のために、
ITツール(ソフトウエア・サービス等)の提案・導入およびこれに要する各種申請等の手続きを代理で行う者として、事務局に採択された者を「IT導入支援事業者」と呼びます。

登録のITツール

すまいるエイト パッケージ版(案件管理、見積管理、販売管理)
 ➡案件、見積、販売の情報と、顧客、担当営業の情報を一元的に管理する事が可能です。

すまいるエイト図

この事により、以下の情報を社内で共有する事ができます。

案件毎に、どの顧客が申し込んでくれているのか、どの担当営業が関わっているのかを俯瞰する事ができます。また、案件毎の訪問履歴や問合せの履歴も確認できます。

顧客毎に、その案件が紐付き、どのような見積もりを提出しているかを確認する事ができます。

売上、請求、仕入、発注の管理を行う事ができるだけでなく、顧客毎の案件履歴、見積履歴、訪問履歴などを確認する事ができます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。(https://smilekao.com/smile8

IT導入補助金のご利用についてご不明点、お悩みなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

GW休業のお知らせ

お知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、下記の期間をGW休業とさせていただきます。

休業期間:2021年4月29日(木) ~ 2021年5月5日(水)

※休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答いたします。

2021年IT導入補助金は4月上旬頃 公募開始

お知らせ, ブログ, 補助金

●2021年IT導入補助金は4月上旬頃 公募開始

 IT導入補助金のホームページ上で2021年度の予定が公表されています。

 ・IT導入支援事業者およびツール登録申請開始
  3月下旬頃

 ・交付申請受付開始
  4月上旬頃

 IT導入補助金の申請には、GビズIDプライムアカウントが必要ななた、事前に取得されておく事をおすすめします。

 GビズIDの取得はこちら

●2021年特別枠の要件変更とITツールの申請準備について
2/26に公開された、「IT導入補助金2021」の「公募要領」によると、
2021年は4つの申請類型となります。

補助率1/2の通常枠については、昨年と大きな変更はありませんが、
補助率が通常枠の1/2から2/3にアップする特別枠については、
2020年に比べ条件が厳しくなっております。

<通常枠>

・通常枠は
  A類型:補助額30万円~150万円未満(賃上げは加点要件)
  B類型:補助額150万円~450万円(賃上げ要件必須)
 に分かれます。

・業務プロセスの分類は添付の通り多少変更がありますが、
  A類型は1種類以上の業務プロセスに対応したITツールであること
  B類型は4種類以上の業務プロセスに対応したITツールであること
 は昨年と同様です。

<特別枠>
・特別枠は
  C類型:補助額30万円~450万円(うち300万円以上は賃上げ要件必須)
  D類型:補助額30万円~150万円(賃上げは加点要件)
 の2種類となります。

・2021年は、特別枠で申請するには、以下の点を満たす必要があります。

 ・添付の業務プロセス一覧のP-01からP-07の分類のうち、
  2種類以上の業務プロセスに対応したITツールであること
  (2020年は1種類以上)
 ・「非対面化ツール」(※)であること
 ・C類型では「連携型ソフトウェア」(※)であること
 ・D類型ではクラウドソフトであること

 ※非対面化ツール
   事業所以外の遠隔地から業務を行うテレワーク環境の整備を含め
   対人接触の機会を低減するよう非対面又は遠隔でのサービス提供が
   可能なビジネスモデルへの転換(業務形態の非対面化)に資する
   労働生産性の向上を目的としたITツール

 ※連携型ソフトウェア
   異なるプロセス間での情報共有や連携を行うことで
   補助事業者の労働生産性向上に寄与するもの

詳細についてはIT導入補助金の公式サイトよりご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/2021/

●IT導入補助金、その他、2021年の主な変更点について
その他、IT導入補助金2021の2020年からの主な変更点は
以下の通りです。

・大企業の関連会社や課税所得15億円以上の事業者などが申請対象外に

・賃上げ要件が必須要件であるB類型と、C類型の補助金額300万円以上に
 ついて、賃上げ要件未達の場合のペナルティが具体化

・賃上げ要件の効果報告で賃金台帳等の書類提出が追加

・補助対象外のITツールについて公募要領で具体例が提示

詳しくは、公募要領(暫定版)をご確認ください。

◆IT導入補助金2021 交付規程・公募要領(暫定版)

 ※内容については、随時変更される可能性もございますので、
  ご注意ください。

https://www.it-hojo.jp/2021/

お問い合わせ

ECサイトを無料で作ります!

2.自社システム すまいるエイト, お知らせ, ブログ, 新サービスの紹介

前回のロゴ&名刺無料デザイン作成キャンペーンに引き続き、無料企画の第2弾のご紹介です(^▽^)/

はじめに

この度、当社ではECサイトのテンプレートプログラムの開発を計画しています。

しかし当社にはECサイトの経験がなく、ユーザー目線の機能開発のヒントがありません。

そこで、今回は「ECサイト無料作成キャンペーン」と題し、実運用してくださる企業を募集しています。

弊社の開発手法

弊社では、「設計(Plan)→開発(Do)→試用(Check)→改善(Act)」というPDCAサイクルによって開発をおこなっています。

「設計」「改善」段階では、コーチングの手法を使い、気付かれていなかった改善点をあぶり出します。

最初に完璧な設計を作る必要がなく、すぐに試用ができるため、開発効果が確かめながら改善できます。

今回のキャンペーンでは、一緒にPDCAを回していただき、より良いサイトを構築できるようご協力いただきたいと思っています。

そのため、ECサイトの設計費は無料といたします。

キャンペーン概要

① 当社にはECサイトのベースとなるプログラムの開発計画があるため
 一緒に実運用しながら機能実装を図ってくださる企業を募集します

②ECサイトの設計費用と開発費用は無料ですが、
 ECサイトの収益の一部を還元していただきたいです

以上、ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいませ(^▽^)/

また、その際は

 ・どのような商品を

 ・どのような人に

 ・何を強みとして販売したいか

を明記していたけると幸いです。

ご連絡は以下よりお願いいたします。

お問い合わせ

年末年始の休業日のお知らせ

お知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。

休業期間:2020年12月28日(月) ~ 2021年1月5日(火)

※休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答いたします。

2021年1月6日(水)より通常営業とさせていただきます。

新年も宜しくお願い申し上げます。

当社のECマッチングサイトが、 IT補助金のツールとして申請が通りました!

お知らせ, ブログ, 補助金

IT補助金は、
独自開発(スクラッチ開発)は、認められないのですが、
ECサイトの開発は、独自開発が認められています。

当社のECマッチングは、
販売管理、生産管理と連動させていて、
製造・販売を一元管理することができます。

つまり、
製造・販売を一元管理できるシステムの独自開発が
IT補助金を使って開発する事ができるようになりました!

補助金の上限は、450万円です!

申請の機会は、
あと2回あります(^∇^)

次にチャンスは、10月2日です(^∇^)

興味ある方は、
連絡をお待ちしています(^∇^)

IT補助金のお問い合わせ

IT導入補助金 A類型、B類型、C類型 どの類型を選ぶべきかわかりますか?

お知らせ, 補助金

IT導入補助金2020が始まっていますが、A類型、B類型、C類型のどの類型を選び応募すればいいのか、整理がつかずに悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

そこで、A類型、B類型、C類型の違いを整理して、どの類型を選ぶのがいいのかをまとめてみました。

A類型、B類型、C類型の違い

https://www.kansai.meti.go.jp/3-2sashitsu/service/r2fy/it-hojo.html

違いは、上の図がわかりやすく書かれています。

通常枠は、昨年まであった制度を引き継いだもので、

特別枠は、新型コロナ対策として今年度に新設されたものです。

A類型は150万の補助額、B類型は450万の補助額、C類型は450万の補助額で、3/4の補助率となっており、

このC類型に該当すればかなり「お得」ではないかと思われるのではないでしょうか?

しかし、

A類型、B類型、C類型に応募するには、条件がありますので

次に、この条件についてみて行きたいと思います。

A類型、B類型、C類型のどの類型を選び応募すればいいのか?

類型判別チャート

この図は、IT導入補助金2020のサイトにあったものですが、この図が一番わかりやすいです。

A類型、B類型、C類型のどれに当てはまるかを考えるのは、A類型から考えがちですが、実は、C類型から考えるのが一番わかりやすく、次にB類型にあたるのか考え、最後にA類型になるかを考えるのです。

つまり、C類型、B類型、A類型の順番に考えます。

C類型にあたるかを検討する

C類型を考えるのに、次の、甲、乙、丙、のどれに該当する投資かを検討します。

甲 サプライチェーンの既存への対応
  顧客への製品供給を継続するために必要なIT投資を行う

乙 非対面型ビジネスモデルへの転換
  非対面・遠隔でのサービス提供が可能なビジネスモデルに転換するために必要なIT投資が行う

丙 テレワーク環境の整備等
  従業員がテレワーク(在宅勤務等)で業務を行う環境を整備するに必要なIT投資を行う

その投資には、甲だけが含まれる場合は、C類型-1 にあたり、補助額150万 補助率2/3 になります。

乙、丙のどちらか一つ以上が含まれる場合は、C類型-2 にあたり、補助額300万 補助率3/4 になります。

それぞれ、賃上げ目標、を要件とした時、補助額は450万になります。

B類型かA類型のどれにあたるかを検討する

A類型かB類型かの判断

まず、上記の図で、大分類をみてください。

そうすると、①から⑥までのプロセスが書いています。

今回の投資が、このプロセスの4つ以上をカバーしていれば、

B類型になり、補助額は30万以上 150万未満 補助率 1/2 となります。

大分類のうち、1プロセスをカバーする場合は、

A分類になり、補助額は150万以上 450万未満 補助率 1/2 となります。

大分類Ⅱ と 大分類Ⅲ は、大分類1 に応じて、選択する事になります。

注意したい申請要件

私は以下が注意事項だと思います。

①gBizIDを取得していること

②独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「SECURITY ACTION」の「情報セキュリティ対策5箇条」に関して  
 取り組むことに同意すること

③労働生産性の伸び率が1年後3%以上、3年後は9%以上の数値目標を作成すること

④B類型やC類型-2 の場合、給与支給総額1.5%増加や最低賃金+30円を従業員に表明すること

⑤交付申請の内容については、IT導入支援事業者を含む第三者による包括的な確認を受けること

⑥投資するシステムは、事前に登録された、「ITツール」である必要があります。つまり、自社に合ったカスタマイズしたシステムは対象になりません。

注意したい審査項目

審査項目A類型B類型
審査項目C類型

上記は、通常枠、特別枠の公募要領からのA類型、B類型、C類型の審査項目の抜粋です。

「継続的な生産性向上」に加えて、以下のキーボードが重要と思われます。

・国が推進する「クラウド導入」への取り組み

・在宅勤務制度「テレワークの導入」

・インボイス制度の導入

資料

上記は、ポイントをわかりやすくするために思い切って整理したものですので

詳細は専用サイトで詳しく確認してください。

IT導入補助金2020 資料ダウンロード

当社の商品の紹介です

当社の製品、「すまいるエイト」は、IT補助金の登録ルーツになっています!

すまいるエイトについて

IT補助金についてお問い合わせ

古い投稿ページへ