お気軽にお問い合わせください

090-4490-5855

9:00〜17:00(土・日・祝祭日を除く)

  
 
         

業務分析には、SIPOC分析が便利です!

         

ワークフロー図は便利だが、書くのは難しい。

ワークフロー作成例

上の図では、【現在】業務フローと【将来】業務フローが書かれています。

これは、ある会社の営業の仕事のワークフロー図です。

【現在】業務フローでは、営業担当者の仕事は4つ、営業管理者の仕事は3つ、つまり営業部門の仕事は、7つある事がわかります。

【将来】業務フローでは、営業担当者の仕事は3つ、営業管理者の仕事は1つ、つまり営業部門の仕事は、4つある事がわかります。

つまり、営業部門の仕事が3つ削減でき、営業管理者の仕事は3つから1つにと1/3になったことになります。

これは、システムとして、「新CRM」を導入した結果と言えます。

システムの仕事が、3個から、8個に増えていることから、営業の仕事量とシステムの仕事量はトレードオフの関係だったことがわりますね!

この便利なワークフロー図を書くのは、案外難しいのです。

SIPOC分析が便利

SIPOC分析

上の図は、SIPOC分析の見本です。

手順は、次の4つのステップです。

1 各自で管理できている「仕事=業務」内容を、5個までに絞って、各自で列記してください。

2「仕事=業務」ごとに、「プロセス=フロー」を列記してください。

  主語と述語は必ず書いてください。

3「プロセス=フロー」ごとに、「入力物」「出力物」を明記してください。

4「入力物」「出力物」ごとに、「提供者」「受取者」を明記してください。

このSIPOC分析は、次の、バリューストリームマップ(VSM)を作成するもとになるもので、
このバリューストリームマップ(VSM)から、ワークフロー図を書いて行きます。

バリューストリームマップ(VSM)の作成手順

VSM


1 「プロセス=フロー」 を、記載
2 「提供者」「受取者」を、記載し、
  「入力物」「出力物」を「プロセス=フロー」と提供者」「受取者」とを赤でつなげる
  この時、商品を「物」として赤線、その他を「情報」として青線でつなげてください。

3 「改善のための、10個の視点」をヒントに、改善点を列挙してください。

改善のための、10個の視点

「改善のための、10個の視点」をヒント

■価値無価値分析

①「この作業にお客はお金を払いたいか?」

②「この作業からお客がほしいものが産まれているか?」

■8つのムダ分析

③ 不良を作るムダ  ② 作りすぎのムダ 

④ 手待ちのムダ  ④ 加工のムダ

⑤ 運搬のムダ  ⑥ 在庫のムダ 

⑥ 動作のムダ 

⑦ 従業員の創造性を使わないムダ

このバリューストリームマップ(VSM)をもとにして、業務ワークフローを作成して行きます。

<<参考サイト>>
マイク根上のブログサイト: http://econoshift.com/ja/

業務分析のお問合せ